地域雇用創造ICT絆プロジェクトで進む電子黒板の導入・・・

総務省では、地域に根ざした雇用創造を推進するべく、ICT絆プロジェクトというのを、昨年発表しました。

それにより、学校の授業風景も昔とは、ちょっと違った様子です。

そのキーワードは電子黒板の導入です。

授業では、先生が電子黒板を使って授業を進めており、

画像を貼り付けたり、電子ペンで文字を書くなどしているそうです。

電子黒板に映し出されたものは、保存することも出来るそうです。

ということは、もうノートに板書を書いているときに

先生に先に消されちゃったみたいな事はなくなりそうですね(笑)

 

早く書かないものが悪い!なんて言われていたのが、懐かしい限りです。

 

タグ:
まだコメントはありません。