小江戸【川越】でひな人形探し。

先日、狭山の方に、用事があり、西武新宿線に揺られて狭山市へ。

その先、川越は小江戸と呼ばれていて今や観光地として外国人にも有名になっていると聞き、

用事を済ませたあと、少し足を延ばしてみました。

駅に降り立つと、中学生らしき団体に遭遇。

やはり、古い町並みなどが今でも残っており、散策をするには、イイ街なのかなと感じる。

川越駅近辺には、多くの人形店が軒を連ねており、正月に向けて、

羽子板や破魔弓が所狭しと並んでました

お店の方に話しを聞くと11月から12月にかけてが羽子板・破魔弓の商売のピークだそうで、

それが終って年が明けると息をつく間もなくひな人形商戦がはじまるらしい。

せっかく並べたこれらを、しまってまた、雛人形を出して・・・・・

どの商売も楽ではないですね。。。

 

タグ:
まだコメントはありません。