包茎手術料金は保険適用になるのか

保険適用となるケースもあります

男性が持つ悩みの一つに包茎が挙げられますが、この悩みを解決するために包茎手術を検討している人も多いことでしょう。包茎手術といっても短時間で行えるものが多く、その多くが日帰り治療になります。とはいえ包茎手術を受けるとなるとそれなりの費用がかかることになり、どれくらいの料金がかかるのかと気になる人も多いものです。

包茎手術において保険適用となると、料金はかなり安く抑えることができるでしょう。実際のところ包茎手術を受ける場合には、保険適用とされる例もあれば、されない例があるのも事実です。症状が真性包茎やカントン包茎であり、医師が治療が必要だと判断した場合には、包茎手術は保険適用となります。

医師の判断が重要な焦点となるため、まずは診察を受けて、保険適用となる症例であるかどうかを見極めてもらう必要があります。日本人男性の多くは仮性包茎であるケースが多く、この場合には保険適用外の自由診療となります。
症状や選ぶ治療により料金も異なるため、カウンセリングの際に自分にはどのような治療が向いているのかを確認し、料金がどれぐらいになるのかを確認することが大切です。

機能回復を目的とするため見た目に不満がでる可能性もあります

医師とのカウンセリングによって、治療が必要だと診断された場合には、保険適用で治療を受けることができるので、料金をかなり抑えることができるでしょう。

しかし保険適用の治療となった場合には、手術後の見た目に納得できない可能性もあるため、治療後のことも含めて慎重に選ばなければなりません。保険適用となる包茎手術は、あくまでも機能を回復させる治療に当たります。そのため包茎が治ったとしても、傷が目立つなどのように見た目に不満が出る可能性も考えられます。
包茎手術を受けたことが他人に知られた場合には、これが新たな悩みになることも考えられるため、包茎手術後の仕上がりがどのようなものになるのかを、しっかりと確認しておく必要があります。

基本的に真性包茎やカントン包茎の場合には、保険適用の治療を受けることができ、料金を抑えることができるものの、自分の判断で自由診療の治療を選ぶこともできます。
この場合にはすべて自費となるので料金は高くなってしまいますが、機能を回復させるだけではなく、見た目にもこだわった仕上がりが期待できるでしょう。

まとめ

包茎の悩みを持っている男性でも、包茎手術を受けることによりその悩みを解消することができるでしょう。しかし治療費が気になるという人も多く、真性包茎であることなどが理由で医師が治療が必要だと診断を下した場合には、保険適用となり料金を安く抑えることができます。
保険適用の治療は料金を抑えることができるものの、仕上がりの面では満足できない可能性もあります。このことから仕上がりにこだわるのであれば、より質の高い自由診療の包茎手術を選ぶことも一つの手段として考えておきましょう。

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です