包茎手術や治療にかかる料金の内訳

包茎手術で必要となる料金

包茎手術を行う場合には、当然料金が必要になります。どれぐらいかかるのかというと、病院によって大きく異なるのが一般的です。最も大きく異なる点は、包茎手術を行う病院で健康保険が適用されるかされないかでしょう。健康保険が適用されていれば、通常よりもかなり安い料金での包茎手術が可能になります。

仮性包茎の手術を行った場合、健康保険が3割での適用となるのであれば、初診料で千円前後、包茎手術前の検査で3千円から4千円程度、手術自体が1万円から2万円程度必要です。さらに包茎手術後も治療が必要になるので、治療費を含めると全体で5万円から6万円程度になります。これは仮性包茎の手術を行った事例なので、カントン包茎や真性包茎であれば、もっと料金が高くなることもあります。

もしこれが健康保険適用外となってしまうと、20万円前後必要になることが多いのです。もちろん包茎手術の方法や現在の状態によっては、大幅に料金が高くなることもあるので、信頼できて相応の料金で治療ができる医療機関を選びましょう。

包茎手術にはどのような方法があるのか

包茎手術は施術が終わればそれで問題ないというわけではありません。その後もきちんと治療を続けていかなければいけないので、治療費もかかるのです。そこで包茎手術が終了した後にどのようなケアをしていくのか、どのような包茎手術の方法があるのかを見ていきましょう。

まず包茎には大きく分けて3種類あります。最も多くの人が悩んでいるのが仮性包茎です。仮性包茎の症状によっては、メスを入れない治療法も存在しており、これなら料金もかなり抑えられるでしょう。真性包茎やカントン包茎では利用できません。その他にもいろいろな手術方法がありますが、最も一般的なのは皐月式マイクロ法で、日本の医師が可能にした技術です。最近ではVカット法という裏筋を残した手術方法もよく用いられています。

そして最新の包茎手術法がナチュラルカット法です。料金は最も高くなりますが、治療跡が殆ど残らないというメリットがあります。医師とよく相談し、料金や自分の症状に合った方法で包茎手術を行いましょう。

まとめ

仮性包茎で多少皮がかぶっている程度であれば、メスを入れずに皮を縫い付ける方法がおすすめです。低料金で治療が行えるのがメリットでしょう。一般的な包茎治療には皐月式マイクロ法やVカット法が用いられますが、仮性包茎なら皐月式マイクロ法、真性包茎やカントン包茎ならVカット法がよく用いられます。麻酔をするので痛みの心配も全くありません。少しのキズも残したくないならナチュラルカット法がよいでしょう。きれいな仕上がりになるので、誰にも気づかれません。

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です