包茎手術で失敗しがちな料金・費用の話

プランの選択を間違えるパターン

仮性包茎手術の場合は自由診療扱いになるので、費用は決して安くはなりません。ただ具体的な料金設定はクリニックごとに異なるので、その選択を誤ってしまうのがありがちな失敗です。
利益を追求するようなクリニックでは、必要のないプランを次々と追加するので、それが積み重なって最終的には高額になる恐れがあります。包茎手術には関係ないものであっても、勧められたら前向きに考えてしまう人は要注意です。
また真性包茎手術やカントン包茎手術では保険が適用できる場合が多いですが、そのことを知らずに高額な契約をしてしまうことも考えられます。包茎は健康に悪影響を及ぼす恐れがあれば保険が適用できるため、仮性よりも格段に安くすることができます。しかし一定の健康基準さえ満たせれば良いということから、見た目の良さまでには手が及びません。それをカバーする形で自由診療の選択肢が用意されているので、そちらを選択すると高額になってしまうわけです。

広告を信じ切ってしまう

包茎手術を受けるきっかけとなったのはインターネット上の広告だという人も少なくありませんが、そこで提示されている料金をそのまま信じてしまうと、想像していた数字とは違ったという状況になりかねません。
大体広告で提示されている費用は安さをアピールするために最低ランクに設定されていて、さらに他にも必要な料金を省かれていることが多いです。麻酔や事前検査などが欠かせないにも関わらず、あくまでも包茎手術のプランのみの料金を使うといった風にです。そのプランもグレードを上げないと十分な仕上がりが期待できないような状況もあります。もちろん提示されている料金の中に必要なものがほとんど含まれているところもありますが、そうではない場合がある以上、安さにただ飛びついてしまうのは危険です。
無料のカウンセリングが用意されているところはそれを積極的に利用して、具体的な数字を訊ねるようにしましょう。優良なところだと、ある程度具体的な内容を提示してくれるはずです。

まとめ

包茎手術における料金・費用の失敗は、誰でもしてしまう可能性があります。それを避けるためには、正しい知識を身に着けておく必要があります。基本的に一度きりで済むものなので、慎重になりすぎるくらいがちょうど良いでしょう。
そして複数のクリニックを比較して、提示された料金が正しいかどうかを冷静に判断することも大事です。決してその場の雰囲気や煽り文句に踊らされて、慌てて契約してしまわないように注意しましょう。

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です