包茎手術と亀頭増大手術。料金コスパが良いのはどちら?

なるたけ費用をかけずに自身のペニスを改善したい気持ちが生じるのは、多くの男性が持つ共通の想いです。
だからこそ料金コスパを考えることになり、ペニスにおける包皮の問題において包茎手術と亀頭増大手術のどちらを受けたいかと悩んでしまうことも多くなります。
それぞれにメリットとデメリットがあり、知識を深めてから受ける必要がありますので、まずは手術の理解を深めることから始めてください。
そこから料金におけるコスパを考え、そして自身の悩みを解決するための最適な解決手段を導くようにしましょう。
後悔しないための大切な考え方です。

包茎手術と亀頭増大手術について深く理解する

まずはこのふたつの違いから理解することから始めましょう。
包茎手術にもいろんな種類がありますが、主流になっているのは切開をする方法です。
ほぼ確実に包茎を治療することができる手段です。
傷跡も目立たず綺麗に仕上げることができるのが専門医になりますので、必ずペニスの問題を医学的にアプローチしてくれるクリニックを選んでください。

泌尿器科であれば重度の包茎になると保険適用がされることから、料金コスパを考えて安易に手術を受けてしまうことが多いですが、そのような選択は後悔をするきっかけとなります。
先程書いたように傷跡が目立たないことが重要で、泌尿器科であれば包茎手術を綺麗に仕上げる技術力が劣っていることが圧倒的に多いです。
だからこそ専門家の出番になりますので、安易に安いからといって泌尿器科で受けるのはやめてください。

亀頭増大手術においては、ほとんどが注射で亀頭を膨らませる手術です。
亀頭を多くすることによって包皮を押しのけるイメージを膨らませるとわかりやすいです。
包茎手術と比べるとダウンタイムが少ない特徴があります。
皮の量が多いと剥けないこともありますので、診察を受けてから同時に包茎手術を提案されることもよくあります。

料金コスパは自身のペニス事情によって変わってくる

問題は料金のコスパになりますが、どちらかというと包茎手術よりも亀頭増大手術のほうが安く済むことが多いです。
注射で膨らませることから包茎手術よりも手間がかかりにくく、それだけ料金的に抑えることができますので、料金コスパとしては亀頭増大手術のほうに軍配があがります。

ただしあくまでもうまくいった場合に限りますので、必ずしもそう簡単にうまくいくわけではありません。
たとえば包皮の量が多いと、亀頭を膨らませただけではなかなか剥けないことも多く、同時に包茎手術を受けたほうが良いこともあります。

このようなことは最初のカウンセリングなり診察で提案されることも多いです。
だからこそ専門医の見地が必要になってきますので、必ず包茎関連を専門に扱っているクリニックを選んでください。

クリニックによっては、包茎手術と亀頭増大手術を同時に受けることによってサービス料金になることもあります。
人によっては問題になることも多いですが、包茎手術を受ける時に同時に亀頭増大をおすすめされることもよくあることです。

そのようなケースになると、亀頭増大だけでは包茎を改善できないケースが圧倒的に多くなります。
包皮の問題だけをクリアにしたいのであれば、包茎手術を受けたほうが結果的に満足するでしょう。

ペニスにおける自身の問題に向き合う

料金コスパからみると圧倒的に亀頭増大手術を受けたほうが良いですが、あくまでもうまいいった場合に限り有効的になります。
よって自身の包皮の事情によって、どちらが良いのかが変わってくることから、専門的な見地が必要であり、ここは医師にしかわからないことです。

そこで大切にしてほしいポイントになるのが、自身のペニスにおける問題に向き合うことです。
そうすることで、どちらの手術を受けたほうがよいのかが見えてくるでしょう。
たとえば包茎だけを治したいのであれば、素直に包茎手術だけを受けたほう良いです。
あくまでも亀頭増大手術というのは、亀頭を大きく見せたい、あるいは性行為中に女性に性的な感動を与えたい時に有効的であり、その副産物として包茎改善があげられます。

このように包皮における問題を解決したのであれば、素直に包茎手術を受けたほうがスムーズに解決することも多いです。
目的がそれぞれの手術にありますので、ここを理解することで後悔してしまうことも少なくなります。
まずは自分のペニスにおける問題がどこにあるのかを、じっくりと自身に向き合うことから始めてください。
そうすることで目的が見えてきて、受けるべき手術がわかります。

まとめ

包茎を改善するための方法として料金コスパが大きいのは、亀頭増大手術です。
しかしあくまでもうまくいった場合であり、男性それぞれの包皮の問題によって変わってくることを理解してください。
包皮の量が多いとそれだけ亀頭を増大しても包皮を剥くことが困難です。
包皮の量が多いのであれば、素直に包茎手術を受けたほうが無難なケースもあります。
包茎に悩んでおり、亀頭増大だけして包茎の問題が解決できなかった場合は追加で包茎手術を受けることになり、かえって料金が加算されることになります。
そのようなことが起きないためにも、まずは包茎の専門医にしっかり見てもらうことが大切です。